先輩の声

働いている先輩スタッフの声をご紹介します。

坂本 千春あゆみえん 介護2課

入職をして2年目になりました。
入職したばかりの頃は、何をしたらよいのかわからず、不安の毎日でした。しかし、先輩職員からの丁寧な指導や、研修に参加することで不安も消え、今では楽しく仕事をしています。

あゆみえんは、0歳から100歳までが同じ施設の中で過ごしていることも、自慢の一つです。職員やご利用者が子供たちの声を聞き、笑顔になれる場所です。
これからも、介護の知識をたくさん学び、あゆみえんに笑顔が増えるよう頑張りたいです。

高田 玲菜あゆみえん 保育課

平成30年4月にあゆみ保育園に保育士として入職しました。入職当初は業務内容や日々の保育の流れ、子どもの関わり方など全てのことが分からずとても不安でした。
しかし、園長先生や先輩職員の方々は、なかなか業務に慣れることができず戸惑う私の姿を見かけると何度でも丁寧な指導をして下さり、声を掛けてくれました。

あゆみ保育園は、職員が1人で悩むのではなく困ったことや疑問に思ったことなど意見を互いに言い合う事ができ、信頼関係を築くことのできる職場です。

今では幼い頃からの夢であった保育士として笑顔いっぱい楽しく仕事をすることができ、幸せな毎日を送っています。私の憧れの園長先生や先輩職員の方々に一歩でも近づくことができるよう、日々の学びを大切にこれからも成長していきたいと思います。

宮本 さよいずみえん 介護1課

平成28年の4月に新入職員としていずみえんへ入職しました。入職当初は、仕事に対してどのようにご利用者と接していけば良いのか分からない中、日々の業務を覚えつつ実践していくことはとても大変で不安がいっぱいでした。

しかし、周りの先輩方や上司の方々からアドバイスや丁寧なご指導を受ける中で、自分自身が成長していく実感を持つことができました。また、先輩から個人的に食事に誘っていただくこともあり、仕事面だけではなく精神面でも支えてくださいました。今では不安も減り、業務内に時間を作りながらご利用者と関わる機会が増えることで楽しく仕事ができています。

他職種との関わりによって自身のスキルアップにも繋がり、この仕事にやりがいを感じ、毎日がとても充実しています。親睦会の活動でも海外旅行やフットサル活動等を行っており、職員同士が交流する場も数多く設けられています。

北野 瑛大いずみえん 支援1課

いずみえんは障害者施設と特別養護老人ホーム、デイサービスなどの複合施設です。

支援事業部の女性職員と男性職員の比率は同じで、20代の若い職員が多く働く、明るく活気のある楽しい職場です。私も入職当時は不安でいっぱいでしたが、先輩職員からの丁寧なご指導やアドバイスを受け、自分自身でも日頃の業務内において実践することができ、ご利用者に対する支援技術を学ばせていただいています。

毎日ご利用者と関わることで、ご利用者一人ひとりに合わせた関わり方を少しずつ身に着けることができました。これからもご利用者に信頼される職員になれるよう、頑張っていきたいと思います。

委員会や行事にも率先して参加し、先輩職員からアドバイスをいただきながら、新しい仕事を一つずつ覚えていきたいと思います。

岡田 瑛莉さくらえん 介護4課

社会に出て初めての職場であり、また介護のことは“何もわからない”こともあって、不安と緊張からご利用者とのコミュニケーションが上手くできずに悩む日々でしたが、やさしい先輩方に支えられ、ひとつずつ丁寧に教えてもらい、今は自分らしく楽しく仕事が出来ています。

さくらえんは職員みんなで相談して助け合えるチームワークのいい、笑顔の絶えない職場です。お互いが意見を出しあって、ご利用者のニーズに合ったサービス提供が出来るように日々、工夫しています。

私はこれからもっと介護のことを学んで、介護福祉士の資格を取得することが今の目標です。みなさんも、私たちと一緒に楽しく、心のこもったあたたかい介護をしていきませんか?