働き易い職場を創り、
快適なサービスを提供する。

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
お問い合わせ
サイトマップ

お知らせ

第17回市民フォーラムを開催しました。

2015/10/29

 平成27年10月24日(土)13:30〜16:30第17回市民フォーラム「認知症ケア考える〜地域でできることは何なのか〜」を青梅市民会館にて開催しました。
  本年のフォーラムは、第1部に認知症介護研究・研修東京センター研究部長の永田久美子氏より、認知症についてと、楽に、楽しく支えあえる地域つくりなどについてのご講演を頂きました。
 
 第2部は、認知症介護研究・研修東京センター研究部長の永田久美子氏、青梅市医師会会長の鹿児島武志氏、青梅市健康福祉部高齢介護課課長の大澤正美氏、認知症家族の会・青梅ネット代表の長谷川正氏、青梅市ケアマネージャー連絡会会長の原島大地氏、訪問看護ステーションI-Me所長の河?広一の6名と、介護福祉ジャーナリストでコーディネーターの甘利てる代氏を含めた7名にて、パネルディスカッションを行いました。医療と認知症、認知症を生きる人たちから見た地域包括ケアについて、地域・社会・制度といった認知症ケアをとりまく要因も含めて議論を深めると共に、会場からの質問にお応え頂きました。

  今回の総来場者数は162名であり、参加者の介護保険への関心の高さが伺えました。今年で17回目の開催を迎えましたが、市民フォーラムを実施することで市民、行政、事業者などが情報交換を行う良い場となりました。

  ご協力頂きました皆様、並びに、ご参加を頂きました皆様、大変ありがとうございました。

                                   第17回フォーラム実行委員会